離婚相談ガイド

離婚 相談

離婚解決
解決の手順

離婚相談
離婚子供の問題(親権、養育費)
離婚のお金(慰謝料、養育費、財産分与)
離婚の公的援助
浮気・不倫の発見対策
離婚相談



離婚慰謝料、財産分与のポイント

【 慰謝料 】
浮気(不倫、不貞)、借金、暴力等の離婚原因を作った側(有責配偶者)が請求される、配偶者の精神的苦痛に対する損害賠償

   例>夫の浮気が離婚原因の場合
      ⇒夫が有責配偶者で妻は夫に慰謝料を請求できる
        ただし、離婚原因を証明できるか、本人が認めないと慰謝料請求は難しい
離婚の慰謝料の条件
双方に離婚の原因があるときは請求できない
慰謝料を支払う側(被請求者)でも、財産分与は請求できる
慰謝料の請求は離婚後でもできる(時効3年)
慰謝料が金銭で支払われる場合は税金がかからない
ポイント
平均200万円〜300万円(離婚理由、婚姻期間、所得や協力度合等で決まる)
慰謝料請求の証明(=離婚理由の証明)は難しい
分割払い可。ただし、リスクがあるので公正証書で法的効力のある約束にするべき。
【 財産分与 】
夫婦で築いてきた財産の精算であり、離婚により生活に不安を来たす側への扶養。
離婚の財産分与の条件
夫婦の協力によって得た財産が対象(婚前のものは対象とならない)
離婚原因を作った責任と財産分与は無関係
 有責配偶者(離婚原因をつくった側)も請求できる
離婚後に財産分与も可。(時効2年)
不動産にて財産分与をもらうと譲渡所得税がかかる
ポイント
財産分与額の算出は難しい
  ・協議、調停では話合いが基本
  ・決着しない場合は裁判で決める(財産構築への夫婦それぞれの貢献度合い等が焦点となる)
  ・金額は婚姻期間に比例して様々
不動産による財産分与は登記手続きが必要(課税対象)
  ・ローンが残っている不動産は要注意、しっかりと決め事をしましょう
分割払い可。ただし、リスクがあるので公正証書で法的効力のある約束にするべき。
配偶者(例えば夫)による財産の隠匿工作に注意
年金は財産分与の対象にならないのが通常
上へ戻る